coffee & milk & cigarette

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--

 Blowin' In The Wind
bobdylanbdayslut1240508.jpg
  本当の優しい歌を唄うということは、いったいどういうことなんだろう
  貧しさの中で分け合うぬくもりも もう今じゃ想像の世界
  あなたが本当に笑えるようになるには まだ時間がかかると思うから
  僕があなたを包めるような 優しい歌を唄うにも まだ時間がかかるから
  答えは今日も吹く風の中 今はパリか?北京か?それともサンパウロか?
  風が運んだ 答えの種 庭先に蒔いて 花を育てるように
  待つんじゃなくて 再会を待とう 道の途中で また必ず会おう 
  その時きっと君は笑っている そして僕はきっと優しい歌を唄ってる
  その時は たぶん 僕らの間に風が吹いていると思うんだ

Bob Dylan Blowin' In The Wind(壺齋散人 日本語訳)

  どれほどの道を歩かねばならぬのか
  男と呼ばれるために
  どれほど鳩は飛び続けねばならぬのか
  砂の上で安らげるために
  どれほどの弾がうたれねばならぬのか
  殺戮をやめさせるために
  その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

  どれほど悠久の世紀が流れるのか
  山が海となるには
  どれほど人は生きねばならぬのか
  ほんとに自由になれるために
  どれほど首をかしげねばならぬのか
  何もみてないというために
  その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

  どれほど人は見上げねばならぬのか
  ほんとの空をみるために
  どれほど多くの耳を持たねばならぬのか
  他人の叫びを聞けるために
  どれほど多くの人が死なねばならぬのか
  死が無益だと知るために
  その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

2012.03.20


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。